「すみれちゃん、生きる」出版のお知らせ

いつも群馬わんにゃんネットワークへのご支援、柴犬のすみれちゃんへのご声援をいただき、
本当にありがとうございます。
この度、セブン&アイ出版様より、すみれの本が発売になりました。

すみれが手術をしてから1ヶ月半程経った5月に「すみれちゃんの本を出しませんか?」と
セブン&アイ出版様よりご連絡をいただきました。
その時の私たちは、やっとすみれが元気になりホッとしたところでしたので、
本を出すことについてはとても迷いがありました。
ボランティアメンバーとも何度も意見を出し合い、結論として「すみれの事を多くの人に知っていただきたい。
そしてすみれと同じ思いをする子を無くしたい。」という思いが強くなりました。
それから何度も何度も校正を重ね、この度出版する運びとなりました。

セブン&アイ出版の担当者の沢田様、落合様には何度も高崎まで足を運んでいただき、
私たちの思いを伝えるために我が儘もたくさん聞いていただきました。
あちこち取材に動いていただき、私たちが知らなかった事実も教えていただきました。
本当にお二人には感謝しております。ありがとうございました。

すみれは見事な回復力で、自分の残された2本の足で、確実に前に向かっています。
最初は介護生活になると思っていたすみれがここまで元気になるとは、誰も予想しておりませんでした。
ただ、残された2本の大切な足への負担を出来るだけ軽く出来るようにリハビリを続けながら、
装具について検討中です。

すみれの本を見た方がすみれの前向きな姿、くよくよしない生き方に少しでも元気をもらっていただければ、
とても嬉しく思います。
私たちが伝えたいのは『一人ひとりが命に向き合う事、命に責任を持つ事』です。

いつか辛い思いをする犬や猫がいなくなる日を目指して、活動を続けてまいります。
最後になりましたが、すみれの回復を見守りながら応援してくださった皆様に、心から感謝を申し上げます。

NPO法人 群馬わんにゃんネットワーク
理事長 飯田 有紀子